大雪「だいせつ」

木の葉が散り、明日からは寒さが深まるようです。大雪「だいせつ」、季節は真冬へ向かいます。
旬の食材では、クワイ、百合根、カワハギ、植物では、シクラメンが鮮やかな花を咲かせます。まだ、雪が深くなる季節ではありませんが、風が冷たく感じられるようになる頃です。首回りや腰回りを冷やすと風邪引きだけでなく、足腰に力が入らなくなってきます。身体を、冷えから守ることは重要ですが、必要以上に温めすぎるのも逆効果となります。感想も抵抗力が落ちますので、免疫力を高めておくためにも、楽しみながらも忘年会で、気を緩めることなく胃腸が元気よく働くように整えておきましょう。

地球が太陽の周りを一周する365.24日を一年としている。
旧暦=太陰太陽暦
月(太陰)の満ち欠けを基準とした一年は354日、太陽が示す一年は365日と約11日もズレが生じる。そこで、正しい季節を知るために、太陽が示す一年を二十四分割し、「二十四節気」や「七十二候」とし、月が示す日付と太陽が示す季節を組み合わせたものが、「太陰太陽歴」=「旧暦」だ。

次は、一年で最も昼が短い日、冬至「とうじ」です。

関連記事

  1. 立夏「りっか」

  2. 雨水「うすい」

  3. 小暑「しょうしょ」

  4. 秋分「しゅうぶん」

  5. 処暑「しょしょ」

  6. 芒種「ぼうしゅ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA