立冬「りっとう」

立冬「りっとう」とは、冬が始まるころ。平地では、紅葉が見ごろですが、地域によっては木の葉がおち、暦の上では冬が始まります。
旬の食材では、サツマイモ、サトイモ、レンコンなどがあり、植物では、山茶花が真っ赤な花を咲かせます。疲れが残っている方は、特に早寝を心がけ身体を休めましょう。夜の排尿回数が増えていたり、残尿感があったりなど尿の問題が増えています。首まわりを中心に冷え対策が必要です。水分の取りすぎや体を冷やすものは控えましょう。冬は、貯蔵の時です。精力のつく食材を多めに食べ、頭痛やめまい、肩こりで困っている方は、特に食事の改善が必要です。

地球が太陽の周りを一周する365.24日を一年としている。
旧暦=太陰太陽暦
月(太陰)の満ち欠けを基準とした一年は354日、太陽が示す一年は365日と約11日もズレが生じる。そこで、正しい季節を知るために、太陽が示す一年を二十四分割し、「二十四節気」や「七十二候」とし、月が示す日付と太陽が示す季節を組み合わせたものが、「太陰太陽歴」=「旧暦」だ。

次は、小雪「しょうせつ」です。寒さが増しますが、春のような陽気に包まれる「小春日和」の日も時々あります。

関連記事

  1. 小満「しょうまん」

  2. 立冬「りっとう」

  3. 立夏「りっか」

  4. 処暑「しょしょ」

  5. 立秋「りっしゅう」

  6. 秋分「しゅうぶん」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA