秋分「しゅうぶん」

秋分「しゅうぶん」、昼夜の長さが同じになり、夏らしさが残りながらも、日は弱く短くなり、少しずつ冬に近づいていきます。空にはうろこ雲が見られるようになり、畦道には、彼岸花が咲き乱れます。楽しみにしていた中秋の名月は今年は曇り空で残念ながら見れなかった地域が多かったようです。
旬の食材では、戻りガツオ、ザクロ、柿など美味しいものが増えてきますので、まさに実りの秋です。この時期は、空気が乾燥してきますので、様々な身体のトラブルが増えてきます。また、秋といえば、なんとなくもの悲しく感じます。ホルモンの分泌や心と身体のバランスが崩れやすく、体調を狂わせる方も増えてきます。秋のサンマは、疲労回復に良く、生姜などで身体を温め、ゴボウは腸を元気にしてくれます。この時期は、特に健康に気を配りましょう。

地球が太陽の周りを一周する365.24日を一年としている。
旧暦=太陰太陽暦
月(太陰)の満ち欠けを基準とした一年は354日、太陽が示す一年は365日と約11日もズレが生じる。そこで、正しい季節を知るために、太陽が示す一年を二十四分割し、「二十四節気」や「七十二候」とし、月が示す日付と太陽が示す季節を組み合わせたものが、「太陰太陽歴」=「旧暦」だ。

次は、寒露「かんろ」です。朝夕の冷えには注意が必要です。

関連記事

  1. 立春「りっしゅん」

  2. 雨水「うすい」

  3. 「寒露」

  4. 穀雨「こくう」

  5. 冬至「とうじ」

  6. 処暑「しょしょ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA