小雪「しょうせつ」

11月ももう後半。
いよいよ年の瀬が迫ってきましたね。

この寒さで紅葉もきれいに色づいてきました。
京都も見頃になってきました。
お出かけには冷えないように気をつけてお出かけください。

寒いなって思ったときはもう身体は冷えてます。
夕方3時を過ぎれば早めに1枚着込んで寒さから身体を守りましょう。

これから、腰痛、肩こり、頭痛などの季節の変わり目に伴う痛みが増えてきます。

しっかりとお身体をケアしていきましょう。

小雪「しょうせつ」、寒さがまし、冬が一層深まる。冬本番にはまだ及ばないが各地で初雪の便りが届きました。
旬の食材では、白菜、大根、みかん、自然薯、植物では、千両や万両の実が真っ赤に色づきます。
冬は、植物も一見枯れているように見えますが、見えないところで実は根を深く伸ばしています。同じく人間も見ないところで骨格を鍛える時期で骨と関係深い季節です。骨ごと食べられるおじゃこや小魚、ひじきや小松菜など、カルシウムとビタミンCのバランスの良い食事を心がけましょう。
もちろん、運動も重要ですが、汗をかき過ぎないように適度におこないましょう。また、腎機能にも有効なクルミやかぼちゃの種もこの季節は食べ過ぎに注意しながら積極的に摂りましょう。

関連記事

  1. 夏至「げし」

  2. 立夏「りっか」

  3. 大寒「だいかん」

  4. 清明「せいめい」

  5. 大雪「だいせつ」

  6. 春分「しゅんぶん」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA